ジュエリー、ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

トップ > Q&A
  • AOバナー
  • 【大阪校バナー】キャリアスクール
  • 【大阪校バナー】再進学のおすすめ
  • 【大阪校バナー】キャンバスライフ staff blog
  • 【大阪校バナー】時計の学校 staff blog
  • 【大阪校バナー】ウォッチコース

Q&A

Q
専門課程の授業時間は?
A
1日4時限(1時限=90分)で、9:30〜16:50(昼休み12:40〜13:40)です。
Q
専門課程の定員は何人ですか?
A
全コースとも1クラス(20人前後)を予定しております。
Q
高校を中退しているのですが入学できますか?
A
入学は可能です。但し条件として、入学時の年齢が18歳以上で、本校学校長の許可が必要になります。と言いましても、過去に入学している方も多くいらっしゃるので、特に心配する必要はありません。
Q
学校の成績があまり良くないのですが大丈夫ですか?
A
特に気にされる必要はありません。高校までの学科成績は特に重要視しておりません。最も大切なのは本校で学びたいという意志がしっかりしているかどうかです。
Q
未経験者ですが大丈夫ですか?
A
まったく心配ありません。入学するほとんどの方が未経験なので、たとえばデザインの最初の授業では正しい鉛筆の削り方や直線を引く練習から、制作の授業では工具の名前や持ち方から丁寧に指導します。基礎からきちんと学びますのでご安心ください。
Q
取得できる資格は?
A
貴金属装身具製作技能検定、ジュエリーコーディネーター検定、ガス溶接技能士などが取得奨励資格となっています。また、優秀な学生に授与される学校独自の資格「水野学園技能検定」は、ジュエリー技術の高い能力を証明するものとして業界に定着しています。ただし、資格の定義を「就職への武器」とした場合、「ヒコの卒業証書こそが資格」と学校では自負していますし、実際に卒業生の業界への就職実績は、創立以来、群を抜いています。※就職に関する詳細は「就職情報」のページをご覧ください。
Q
学割は利用できますか?
A
できます。本校は認可専門学校ですので、通学定期はもちろん、映画館や美術館などでも学割を利用することができます。
Q
アルバイトはできますか?
A
できます。学業に支障がない範囲であれば、授業がない日を上手く利用して、アルバイトをすることが可能です。学費や生活費を自己負担しているため、学校とバイトを両立しながらがんばっている人も数多くいます。
Q
入学したいのですが、学費を準備するのが難しい状況です。
A
ヒコ独自の奨学金制度(新入生奨学金制度、再進学奨励制度)に、ぜひお申込ください。30万円を学校が給付する制度で、返済の必要はありません。毎年、数多くの方が申請し採用されています。その支給率は大学や専門学校の平均値をはるかに上回っています。日本政策金融公庫の教育ローンを利用される方は、ヒコ在学中の利子返済を学校で負担するローン補助制度も利用できます(昨年は申請者全員を採用)。また、日本学生支援機構が主催する奨学金は、採用率がきわめて高く(昨年は申請した学生が全員採用)、金利も非常に安いので、おすすめできます。その他、学校が金融機関と提携する教育ローンもございますので、学費の不安な方はぜひ一度、入学相談室までお気軽にご相談ください。
Q
奨学金はどうやって申し込めば良いのですか?
A
願書に奨学金申請のチェック欄が設けてありますので、ご出願の際にご記入ください。その後、入学合格者にはこちらから必要書類をお送りいたします。(専門課程合格者の方のみ対象となりますのでご注意ください)
Q
東京校への編入はできますか?
A
可能です。1年次のカリキュラムは両校とも同じですので、ご希望であれば2年次進級の際に東京校へ編入できます。