ジュエリー、ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

トップ > 卒業生紹介
  • AOバナー
  • 【大阪校バナー】キャリアスクール
  • 【大阪校バナー】再進学のおすすめ
  • 【大阪校バナー】キャンバスライフ staff blog
  • 【大阪校バナー】時計の学校 staff blog
  • 【大阪校バナー】ウォッチコース

卒業生紹介

Rounge Blanc
塩谷 美貴さん
(クリエイティブジュエリーコース卒)
企画・デザイナー

日々の装いに
彩りを添えられる作品を

セレクトショップやアクセサリー店への卸をメインに展開している大阪発のブランド「Rouge blanc」。塩谷さんは入社後、こちらで即戦力として企画デザインを担当している。自身のデザインを元に制作したサンプル品を海外の工場に送るまでが仕事。「在学中は自分が作りたいものを理想通りに仕上げることに注力していましたが、今はいろんな人に手に取ってもらえるようなデザインを心掛けています」。「自分が生み出したアイテムが、他の人の手を経て量産されて初めて工場から上がってきたときは、とても感慨深かったですね。私が手がけたアクセサリーが、身に着けた女性をより輝かせられるようにこれからも経験を重ねていきたいです」。

企業DATA

Rouge blanc ハンドメイドの温かさや微妙な風合いで、世界にひとつしかない贅沢さを表現するアクセサリーが特長。

梅田 志帆さん
(ジュエリープロダクトコース卒)
デザイナー

魅力を引き出す
アクセサリーを作り続けたい

独特の存在感で女性を輝かせるアクセサリーを発信するコ・スターリング。デザイナーの梅田さんは、「毎日が楽しい!」と語る。高校卒業後に進学したデザイン系専門学校でアクセサリーの授業を受け、専門的に勉強したいとヒコへ。卒業後、制作職を経てコ・スターリングに再就職。最初の1年は直営店で接客を学び、その後デザイナーに。「自分ならではのテイストを確立したい」という梅田さんは、街中探索やショップ視察はもちろん、洋書などからもヒントを探し続けながら、デザインワークと向き合う日々を送っている。真摯で成長著しい彼女の作品は、これからも多くの女性を惹きつけ続ける。

企業DATA

CO*STARRING 普段使いしやすいアクセサリーを提案するブランド。本社を構える大阪だけでなく、二子玉川や横浜、博多など全国的にショップを展開。

加藤 健太郎さん
(クリエイティブジュエリーコース卒)
CADデザイナー

品質を左右する
CAD技術の極みを目指して

オーダージュエリーのパイオニアとして有名な『ケイ・ウノ』でクリエーターとしてのキャリアをスタートした加藤さん。CADデザインを描く技術者の毎日は、「色々なデザインを造型できて刺激的」だと語る。「オーダーメイドなので多種多様なデザインを手掛けるのですが、アプローチの方法も考え方も一つひとつ違い、とても難しいです。そこがおもしろさでもあり、上手くいった時は思わず顔に出てしまうぐらい(笑)」。ヒコであらゆるジュエリーのデザインや構造を学んだ経験は、彼にとって大きな糧になっている。「CADの操作に慣れていたことや、貴金属装身具検定の勉強で身につけた寸法感覚が役に立つことも。今の夢はCADマスターになることです」。

企業DATA

K.uno デザイン・制作・販売を自社で一貫して行い、ジュエリーを中心にオーダーメイドを手掛けるブランド。



安田 亮さん
(ジュエリープロダクトコース卒)
制作職(クラフトマン)

クラフトマンとして
さらなる高みを目指して

シルバーアクセサリーが好きで入学したが、技能五輪大会への出場をきっかけに高級宝飾の世界に魅了された安田さん。初めて出場した大会の貴金属装身具部門 で金メダルを獲得。ドイツで行われた国際大会に日本代表選手として出場した。「日本のトップで活躍する方が指導員となり、お話を伺ううちに一層ジュエリー が好きになりました」。卒業後はオリジナルジュエリーで定評のある『アトリエ アル』でキャリアをスタート。入社2年目にしてデザインから完成までを一人 で進めている。「諦めずに挑戦することが大切。いろいろやってみてこそ将来は開けるものです」。

企業DATA

アトリエ アル 1969年創業。大阪・東心斎橋にてオリジナルジュエリーの企画、デザイン、制作、販売までを一貫して行う。



松下 那恵子さん
(クリエイティブジュエリーコース卒)
制作職(クラフトマン)

仕事を通じて
感じる絆

日本の伝統技法「木目金」を用いたフルオーダーの結婚指輪で人気の『杢目金屋』。松下さんはそこで職人として就職。歴史ある技法なだけに、制作には高い技術が要求される。木目金はヒコで経験していたが日々勉強の毎日だとか。美術大学卒業後、再進学したのはジュエリー職人への夢を諦められなかったから。また結婚指輪を扱う杢目金屋を志望したのは絆を感じる仕事をしたかったから。「結婚が決まった友人がマリッジリングをオーダーしてくれたんです!」と嬉しそうな松下さん。「お客様だけでなく身近な友達の幸せにも携われる、本当に素敵な仕事です」と笑顔で語った。

企業DATA

杢目金屋 金属の色の違いを利用して木目状の文様をつくりだす木目金。江戸時代に考案された技術を使ったブライダルジュエリーの専門店。


川﨑 由紀乃さん
(クリエイティブジュエリーコース卒)
コーディネーター

パーソナリティをも変えた
販売・接客の奥深さ

ブラッディーマリーのショップでシルバーアクセサリーを一目見て夢中になったのは高校生のとき。その後短大に進んだものの、ジュエリーへの道を諦められずヒコに入学。以前からファンだった『ビヨンクール』に念願かなって入社した。「販売の仕事をするようになって、性格が前向きになりました。好きなジュエリーに囲まれているから、壁にぶち当たることがあっても将来の糧と思い、苦に感じることはない」という。「自分に自信を持つまでは、しんどい時期がありました。徐々にお客様がついてくださるようになって、乗り越えられたんです。『どれが似合うと思う?』って頼ってもらえたり、お客様の魅力を引き出すコーディネートをすることが喜びです」。

企業DATA

Beyond Cool 全国60店舗を展開するシルバーアクセサリーの老舗。世界的なブランドや時計など、最新のファッションアクセサリーを扱う。



吉岡 夕貴さん
(ジュエリープロダクトコース卒)
コーディネーター

ヒコの体験があったからこそ
見つけられた夢

元々人みしりだった吉岡さんだが、カジュアルジュエリーが人気の『レモンツリー』で販売職に就いたのは、学園祭での販売が楽しかったから。また「君は良く笑うから販売が向いている」という担任の一言も背中を押した。今では顧客へのお礼ハガキに購入して頂いたアイテムの絵を手描きするなど、自分なりの工夫も。ヒコで習得した知識があるからこそ、商品理解が早く修理のアドバイスなども自信を持ってできる。「どんな仕事にも身につけた知識は役立つと思います。そんな自分の強みを活かして大勢のお客様に頼って頂ける販売員になるのが夢です」。

企業DATA

レモンツリーl 全国50店舗以上展開。シルバーアクセサリーを中心としたカジュアルアクセサリーで人気のジュエリーブランド。

澤田 肇さん
(ジュエリープロダクトコース卒)
フリーランス(ショップオーナー)

10年後、20年後を見据えた
店づくりを

『art Smith』は彫金教室とアクセサリーのセレクト、カフェを手がけている。澤田さんは土木系の現場監督から転職をした異色の存在。30歳の頃に最後のチャンスと思い、ヒコに入学。研修生を経て、卒業後10ヶ月で起業した。リスク分散のため彫金教室と物販を2本の柱とし、他の作家さんの作品も置いている。ブライダルのオーダーが増えており、観光客に人気のお試し彫金教室も好調だ。澤田さんの今の目標がネット販売。「将来を常に考えています。10〜20年を経てやっと達成感を感じるでしょうね」。彼の挑戦はまだ始まったばかり。

企業DATA

art Smith
店舗は京都・出町柳。「自由につくりたい物をつくれるお店。物作りの好きなひとが集える場所」がコンセプト。

向 春香さん
(ジュエリープロダクトコース卒)
フリーランス(ジュエリー作家)

一人前の作家を目指して
努力を続けたい

『sasaco』のアクセサリーはファンが多く、「Twitter」のフォロワーも4000を超える。また百貨店の販売会でも高い人気を誇り、ワークショップの講師もしている。順風満帆に見えるが「自分から委託販売をお願いしたお店もあります。その時はドキドキしました!」。ヒコの充実した設備を見て「思う存分好きなものが作れそう」と入学を決意。クオリティの高い商品をつくれるのは「ヒコで学んだ経験があるからこそ」と向さん。「将来に不安はあるけど、作家で一人前になると決めたんです」。日々その感性に磨きをかけて、唯一無二の作品を世の中に送り出していく。

企業DATA

sasaco
一見”不気味”なものでも、奥深いところに“かわいさ”がひそんでいる。そんな世界観を表現したアクセサリーを展開。

興味をもたれた方は、ぜひ一度本校のイベントにご参加ください!

お申込み

体験入学: カレンダー

カレンダーからご希望の日程を選んでクリックしてください。
開始時間が表示されます。