ジュエリー、ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

トップ > ジュエリーのお仕事
  • 学校や授業の様子を動画でチェック!
  • AOバナー
  • 【大阪校バナー】キャリアスクール
  • 【大阪校バナー】再進学のおすすめ
  • 【大阪校バナー】キャンバスライフ staff blog
  • 【大阪校バナー】時計の学校 staff blog

ジュエリーのお仕事

あなたはどの仕事に興味がありますか?

ジュエリーが商品として店頭に並ぶまでは、
一般的な“流れ”があり、その過程でたくさんの人が携わっています。
ジュエリー業界とひとことで言っても、その仕事内容によって職種はさまざま。

商品を考える 商品を考える

企画
(プランナー・マーチャンダイザー)

マーケットを分析し、今後のトレンド予測にもとづいて商品企画やブランド開発を行う仕事。
プロモーション活動などにも大きく関わる。

企画(プランナー・マーチャンダイザー)
⇩

デザイン画制作 デザイン画制作

卒業生インタビュー

企業内ブランドのデザイナー

所属ブランドのコンセプトとオリジナリティを融合させてジュエリーをデザインする。
自分のデザインが一気に全国展開されるダイナミズムが魅力。

企業内ブランドのデザイナー

オーダーメイドジュエリーの
デザイナー

お客様の声を聞きながらジュエリーを
デザインし、お店によっては実作まで担当。
ブライダル店に多い。お客様の喜びを直に感じられることが魅力。

オーダーメイドジュエリーのデザイナー
⇩

実作 実作

卒業生インタビュー

制作者(クラフトマン)

ジュエリーを実制作する仕事。原型制作や石留めなど、専門分野のみを担当するスペシャリストもいる。自宅に工房を設置してフリーで制作を請け負う人(フリークラフトマン)も多い。

制作者(クラフトマン)
⇩

生産 商品管理 販売 生産 商品管理 販売

卒業生インタビュー

ジュエリーコーディネーター

“つくる人”と“着ける人”をつなげる仕事の総称。スタイリスト、ソーター(宝石のランク付けをする仕事)、営業、ショップスタッフなど幅広い。

ジュエリーコーディネーター

フリーランス

卒業生インタビュー

他業界に比べ、
フリーランスとして活動しやすいのもジュエリー分野の特長。

デザインから実作まですべて個人でこなせること、制作設備が比較的安価でそろえられること、実物を持ち運びやすく営業活動しやすいことなどが理由に挙げられます。

  1. フリーデザイナー

    企業やショップからの依頼で、自宅や自前の事務所でジュエリーをデザインする。新ブランドの立ち上げをすべて任されるようなケースも。 量産前のサンプルチェックなども担当する。

    フリーデザイナー
  2. フリークリエーター

    オリジナルブランドを展開し、デザインから制作まですべて自分で行う。ホームページでの通信販売、展示会開催による受注販売など、活動の形態はさまざま。

    フリークリエーター
  3. ショップオーナー

    ジュエリーショップは比較的小さなスペースで、低コストでオープンすることが可能。自身のブランドだけでなく、他のブランド商品も一緒に取り扱うセレクトショップを経営する人も。

    ショップオーナー