ジュエリー、ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

トップ > ニュース詳細
  • 学校や授業の様子を動画でチェック!
  • 【大阪校バナー】キャリアスクール
  • 【大阪校バナー】再進学のおすすめ
  • 【大阪校バナー】キャンバスライフ staff blog
  • 【大阪校バナー】時計の学校 staff blog
  • 【大阪校バナー】ウォッチコース

ニュース詳細

2016年4月 大阪校で「ウォッチコース」がスタート!

未経験から目指す「時計職人」西日本初! 学校法人立認可、日本時計輸入協会認定 「ウォッチコース」2016年4月スタート!

西日本でも不足しているウォッチメーカー

機械式時計の日本市場での売上が伸びている中、西日本エリアからもスイスの有名時計ブランドを始め、国産大手時計メーカー、修理専門店などからウォッチメーカーを求める声が、毎年多数寄せられています。
そんな業界の要望に応えるべく、2016年、大阪にウォッチコースを開講! 「スイス機械式時計」をメインに学ぶ本校で、世界に通用するウォッチメーカーをぜひ目指してください!

制作画像

設置コース

ウォッチメーカーコース 2年制

機械式・クォーツ式時計のオーバーホール技術、金属加工、外装知識、時計理論など
ウォッチメーカーを目指すのに欠かせない技術・知識を修得します。

カリキュラム概要

時計技術
時計工具製作
機械式時計 分解・組立・洗浄・注油作業
機械式時計 調整実習(歯車振れ取り)
機械式時計 調整実習(アガキ調整)
クォーツ式時計 分解・組立・洗浄・注油作業
外装研磨(裏ブタ、バンド)
時計旋盤実習(ETA6497巻真製作)
機械式時計 調整実習(脱進機調整・調速機調整等)
外装研磨(ケース)
時計修復実習(天真交換)
金属加工
金属加工基礎演習(ヤスリがけ・糸ノコ・ロウ付け)
時計工具製作(針抜き・ピンセット・テンプ平置き台)
革ベルト用シルバークラスプ制作
外装知識・デザイン
コンピューター操作
外装・製図基礎知識
製図(ケース・文字盤)
時計理論
時計理論(機械式・クォーツ式時計概論)

主な教材時計

1年次 ETA6497(手巻き)、ETA2824-2(自動巻き)、ETA955(クォーツ)
2年次 ETA2671(自動巻き)、ETA7001(手巻き)、ETA2892-A2(自動巻き)
SEIKO7S26(自動巻き)、CITIZEN(自動巻き)、SEIKO7N43(クォーツ)

ウォッチコース特長

  • 認可専門学校

    本校は学校教育法認可の専門学校。校舎設備からカリキュラムまで厳しい認可基準をクリアしています。 学割・公的奨学金の利用はもちろん、学校からの就職斡旋も受けられ、卒業時には“専門士”の称号が授与されます。

    認可専門学校
  • 業界認定校

    一般社団法人 日本時計輸入協会(時計輸入商社の全国団体)からの、ウォッチメーカー育成依頼により開設された業界認定校です。 教材提供や本校への優先的求人の促進など、全面的に協力していただいています。

    業界認定校
  • 資格受験の認定校

    厚生労働省管轄の国家資格「時計修理技能士検定」は実務経験がないと受験資格を得ることができません。 けれども本校の学生は実務経験が免除され、1年次に3級の受験、合格後2級の資格取得にチャレンジできます。

    資格受験の認定校
  • 業界人教育の指定校

    ウォッチメーカーや時計に関わる仕事をしている方を対象とした「機械式時計技術講習会」が東京校では定期的に学内で開催されています。 プロを指導する場として本校が選ばれているのは、まさしく教育設備・講師レベルの高さを示すものです。

    業界人教育の指定校
  • 少人数制の授業

    学生12名に対し講師1名の割合で時計技術トレーニングを実施。この比率は時計の本場、スイスの学校をモデルケースにしています。 一人ひとりをしっかりサポートし、質の高い授業を行うのに最適な環境です。

    少人数制の授業

業界認定校ならではの就職実績

ヒコ・みづののウォッチコースは1997年東京校での開設以来、毎年高い就職実績を誇っています。 一流講師陣からの高水準な教育、卒業生の活躍による業界からの厚い信頼、進路相談室によるきめ細やかな就職サポートがその理由です。 今回開講する大阪校ウォッチコースでも同水準のサポート体制で学生の就職支援を行います。

過去4年間の就職実績

過去4年間の就職実績

高い専門技術を修得するウォッチコースの学生は、社会経済の変動に左右されない安定した就職結果を維持しています。

小谷 進 様

一般社団法人
日本時計輸入協会 理事長

栄光時計 株式会社
代表取締役社長

小谷 進 様

当協会との関係はおよそ20年。始まりは当時輸入時計を扱う業界における技術者の高齢化に伴う技術者不足でした。 特に、機械式ムーブメントをきちんと調整できる技術者が少なくなっていた時代に、その教育の場を作り上げられたのがヒコ・みづのジュエリーカレッジです。 この時計業界に総合的な見地から携わり多くの優秀な人材を輩出している学校から、これまで以上に総合的な知識と確かな技術を持った逸材が数多く羽ばたき、活躍いただけることを期待しております。

就職実績企業(抜粋)

PP Japan(株)、リシュモン ジャパン(株)、ブライトリング・ジャパン(株)、オーデマ ピゲ ジャパン(株)、
LVMHウォッチ・ジュエリー・ジャパン(株)、 (株)フォッシルジャパン、
セイコーサービスセンター(株)、盛岡セイコー工業(株)、シチズンカスタマーサービス(株)、
共栄産業(株)、(株)三起、(株)ウエニ貿易サービスセンター、(株)日新堂、
(株)ジュウール、(株)三貴商会、(株)京葉ウォッチサービス、(株)ウォッチラボ、
(株)スイートロード、(株)シェルマン、(株)瀧田、(有)大阪中央時計修理センター、
(株)近江屋、(株)クイック、(株)エムヴイ、(株)グローバルワークス、(株)石国、(株)バンビ、
(株)ムラキ、(株)三立舎、(株)タカチホ、(株)エキップメント、(株)東急タイム、(株)エバンス、
(株)あおばウオッチサービス、(株)ケアーズ、協和精工(株)、(株)ウォッチホスピタル、
(有)札幌時計サービスセンター (順不同)

イベントスケジュール

 

ウォッチコース体験入学

10月22日(日)10:00~12:30

スイス機械式時計 分解・組立実習

パネライ『Luminor』にも搭載されたムーブメントを使った分解・組立実習を行います。
組み上げたパーツが規則正しい機械音を打ちはじめる瞬間を体感してください。

スイス機械式時計 分解・組立実習

上記イベント以外でも随時見学を受付けております。ご都合のよい日程でお申込みください。

要予約 参加費無料