ジュエリー、ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

トップ > ウォッチコース
  • 学校や授業の様子を動画でチェック!
  • AOバナー
  • 【大阪校バナー】キャリアスクール
  • 【大阪校バナー】再進学のおすすめ
  • 【大阪校バナー】キャンバスライフ staff blog
  • 【大阪校バナー】時計の学校 staff blog

ウォッチコース

ウォッチコース 【2年制】ウォッチメーカーコース《即戦力となるための技術を修得》機械式・クォーツ式時計のオーバーホール技術、金属加工、外装知識、時計理論などウォッチメーカーを目指すのに欠かせない技術・知識を2年間で修得。短期の就学で業界への就職を目指す方にお奨めのコースです。

《主なカリキュラム》

【時計技術】
時計工具製作 ・機械式時計 分解・組立・洗浄・注油作業 ・機械式時計 調整実習(歯車振れ取り) ・機械式時計 調整実習(アガキ調整) ・クォーツ式時計 分解・組立・洗浄・注油作業 ・外装研磨(裏ブタ、バンド) ・時計旋盤実習(ETA6497巻真製作) ・機械式時計 分解・組立・洗浄・注油作業 ・外装研磨(ケース) ・機械式時計 調整実習 (脱進機調整、調速機調整) ・時計修復実習(天真交換) 《スクールウォッチ》 ケース仕上げ ・巻真製作
【金属加工】
金属加工基礎演習 (ヤスリがけ、糸ノコ、ロウ付け) ・時計工具製作(針抜き、ピンセット、テンプ平置き台) ・シルバークラスプ製作
【外装知識・デザイン /時計理論】
コンピュータ操作 ・外装・製図基礎知識 ・製図(ケース・文字盤) ・文字盤デザイン

ピックアップ課題


工具整備・外装修理

ドライバー、ピンセット、剣抜き、テンプ台など時計修理に必要な工具を自ら制作していきます。外装修理の技術も修得するために、ブレスレットのコマやクラスプの制作まで取り組みます。


オーバーホール実習

機械式時計やクォーツ式時計のオーバーホール技術を学びます。さまざまな種類のムーブメントで反復練習しながら、精度とスピードの向上を目指します。


時計旋盤実習

工具や部品制作に必要な時計旋盤技術を学びます。2年次には巻き真(リュウズの芯になる部分)など時計パーツの制作にまで取り組みます。3/100ミリという精度が求められる特異な技術です。


外装知識・製図の基礎知識

グラフィックソフトの使い方を学び、パソコンで製図製作を行います。時計独自の図面の読み方を覚え、自分の考え方を具体化する方法を身につけます。



体験入学・学校説明会お申込み

パンフレットご希望の方